レーシック画像

実はレーシック施術では医療費控除を受けられる

視力が良いということはうらやましい事です。
私も近視の目であったときはそう思っていました。
だからこそレーシック施術の事を聞くと非常に魅力的に思え、悩んだあげくに施術を決心し
実際にレーシックをうけてみたのです。

感想はというと「うけてよかった」といえます。
私は眼鏡オンリーで生活していたのですが、眼鏡無しで生活出来るのはとても助かります。
就寝前後の寝起きのときなどに眼鏡がないとものがみえないという生活は意外と不便なものであったのです。
それが今では朝起きて目が冷めればそのまま眼鏡をかける事無く快適な生活をする事ができます。

また顔を洗ったりなにかの時に眼鏡を外した後に、眼鏡はどこだと探しまわる様な面倒でみっともない時間を過ごさなくても良いのです。
眼鏡をかけている時代は、自分は近視で目が見えないのは当然だけれども眼鏡をかければ目が見えるので別にそれで良い。
と思っていました。

しかしこれは大きな間違いであったのです。
やはり眼鏡をかけなくても生活をする事が出来ると言う事はとても大きなメリットなのです。

まず第一に眼鏡をかけなくても色々なものが見える為に、眼鏡時代よりも色々なことに気を配る事ができるようになりました。
人間は眼鏡で生活をしていると、知らないうちに眼鏡を使って得られる視界で生活をすることに自分の身体を慣らしてしまうのです。
これがレーシックを受ければより自由にものを見る事ができるので、その分だけ観察能力が向上したと確信しています。

しかしレーシック施術は一応は手術です。
手術と言うと大金が掛かるものであるので、興味があっても施術を受ける事は躊躇してしまうことが多いものです。
事実として私も費用面がネックになりレーシック手術を受ける事は後ろ向きでした。

そんなときに、私はレーシック施術は医療費控除の対象施術であると聞いたのです。
医療費控除は十万円以上の医療を受けた時に申告出来ます。
ほとんどのレーシックが十万円以上の金額なので医療費控除の申告をすれば、そのぶんだけ税金が安くなりお得になるのです。

私はこの制度があるからこそ、施術を受けようと思ったのです。
意外と税金は高いものですが、こうした医療費控除などで税金の出費が抑えられるのであれば、それだけお得なものです。
医療費控除の対象であるこの施術は受けた方がお得です。
レーシック手術が出来る病院ランキングもよろしければご覧ください。

Copyright(C) 2010 視力を矯正しよう.com All Rights Reserved.