レーシック画像

レーシック手術をすれば永久持続たという広告。

レーシック手術は、危険性と隣合わせの大手術です。

世間では、レーシック手術の成功例の広告がたくさんありますが、不成功の広告は見かけません。
なぜかというと、レーシック手術というのは受けたいと考える人が非常に多く、
成功という看板をあげなければその受けたい人の願望がなくなってしまうのを恐れているからだと思います。

整形外科とは違い、レーシックというのは、一生もの。
目が見えにくい人が目を見やすくなるといった、先進の技術を駆使したものなのです。
永久に目が見えるようになれば、救われる人がたくさんいるでしょうし、
目が見えるようになったときの喜びは理解しがたいほど目の悪い人にとっては幸福なことなのです。

それはなぜかというと、目の悪い人は日常的にコンタクトレンズやメガネを使います。
ですが、コンタクトレンズは消耗品です。
使ってしまえばすぐになくなってしまい、お金もかかります。

その点、メガネだったらお金はかからないのですが、メガネという視界で生活しなくてはなりません。

コンタクトや裸眼といったように開放感はなかなかえられないのです。
永久に視力回復した人にとっては、その生活が味わえるだけでも奇跡だと思います。

ですが、永久持続というのにも多少の誤認があります。
確かに永久持続するというのは、施術をした時点ではそうでしょう。

しかし、逆に視力がよくなりすぎてしまい頭痛が起きてしまったりとか、
目薬が欠かせないといった困ったことが起きてしまいまキ。
それは、大変厄介なのです。

永久持続も、裸眼の人が永久に視力がいいといったことではないのと同じように、
いつかまた目が悪くなってしまいうといった危険と隣り合わせでいることを忘れないでほしいです。

目は悪くなります。
そのためには、近視でいつづける環境を避けて、遠くに目をやったりだとか自然や緑を見て目を癒したりだとか、目に配慮をしなければなりません。
レーシックで人気の病院はこちらをご覧ください。

Copyright(C) 2010 視力を矯正しよう.com All Rights Reserved.