レーシック画像

レーシックを施術できない人が居るってご存知でしたか

視力アップの方法として、年々人気が高まっているレーシック手術。
人の眼にある角膜の一部を切り取り、屈折率をかえる事によって視力を回復させる方法です。

角膜にメスを入れると言うとちょっと怖い気もしますが、
今まで全世界で1例たりとも「レーシック手術を受けて失明した」という報告はありません。
メスを入れるといっても、眼の一番外側の角膜の更に表面0.5ミリの範囲しかいじらないので、
きちんとした知識の医師が手術する限り失明などという最悪の失敗はありえないのです。

レーシックを受けると寝起きや温泉・スポーツ時など、メガネやコンタクトレンズなどの
器具に頼らなくても良くなり、日々の生活が快適になりそうです。

ところが、レーシック手術をできない人が存在するのをご存知ですか。

できない理由としてはいくつか種類がありまして、
17歳以下の人は眼球が成長過程で近視が進行中の可能性があるので受けられません。

妊娠中の人はホルモンバランスが不安定なため、授乳中の人は術後に使用する目薬が、
母乳や乳児に与える影響について判明していないので受けられません。

白内障・緑内障・網膜疾患・円錐角膜・角膜ヘルペス・視神経障害などの眼に疾患がある人。

眼以外の疾患でも、糖尿病・膠原病などの病気の人も受けられないそうです。

疾患じゃなくとも目の状態で受けられない人も居ます。
それは角膜の内皮細胞が極端に少ない人や角膜が極端に薄い人などです。

また、極度の乱視や近視の人も受けられなかったりします。
ただし、個人によって症状は違いますし、クリニックによっても受けられたりするので、
当てはまっても諦めずに適性検査を受けることをオススメします。

角膜が薄くて通常のレーシックができない方でもできる方法もあるそうです。
エピレーシックやイントラレーシックなどいくつかの種類が紹介されていますので参考にしてください。

私の場合は、適性検査の結果、角膜等には問題がなく、眼球的にはできない人ではなかったのですが、授乳中なので目薬の影響が乳児にあるかどうかはっきりと判明していないのですぐに手術は辞めておいたほうが良いのではないかと言われてまいました。
レーシックのメリット・デメリットや手術の流れについてかいてあるサイトがありますのでご覧ください。

Copyright(C) 2010 視力を矯正しよう.com All Rights Reserved.