レーシック画像

レーシック手術後のパソコンメガネ

レーシック手術を受け、裸眼で見えるという快適な生活がはじまりました。
レーシックで改善できる症状はこちらにかいてあります。

これは、20年以上視力が悪い人として生活していた私には夢のようです。
なぜもっと早く受けなかったのだろうかと悔いたほどです。
しかし、やはり目を手術するというのは軽い気持ちではできませんでした。

料金については、これから生涯ずっとコンタクトレンズやメガネにかけるお金を思うと、
30万円ほどでしたので安いと思いました。

しかし、目を傷つけるというのがどうしても怖くて1年ほど悩んでしまいました。
ですが思い切って手術して、私は本当に良かったと思っています。

いざ目が良くなってみると、もうこの目を絶対に悪くしたくないと思うものです。
せっかくのこの快適な生活を失いたくないのです。
とくに、会社では事務職ですから8時間ほどずっとパソコンを見続けることになります。
また視力が悪くなっては困ります。

そこで、パソコンメガネというものを購入しました。
実際使ってみると、これがまた快適なのです。
目がまぶしくないので疲れないのです。
たったこれだけのことかと思いますが、全然違います。
帰宅するころには目の奥がずんと重く感じていたのですが、それがすっかりなくなりました。
今ではすっかり慣れてしまって、パソコンメガネをかけていないと液晶画面がまぶしくて仕方ないのです。
こんなにまぶしく感じるものを当たり前と思っていたのですから、
それは目も疲れがたまるはずです。

私たちの生活は、困ったことに目に悪いことばかりです。
テレビもそうですし、パソコンも、携帯もそうです。
気をつけようと思ったらなにもできないくらいではないでしょうか。

いままでは目が悪いから仕方ないと思っていましたが、レーシックを受けてから
180度変わりました。
目に悪いことはしたくない、目をいたわらなくては、と心がけるようになったのです。

迷っている方は、まずレーシックのJウンセリングを受けてみると良いのではないでしょうか。
それから決めても良いのですから、ぜひ第一歩を踏み出してください。

Copyright(C) 2010 視力を矯正しよう.com All Rights Reserved.